ガーデニング、旅行・ドライブの画像を中心に紹介しています。HPも作っていますのでよろしくお願いします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ブログランキングに参加しています。
ブログランキングのバナーを『クリックお願いします』 とクリックして頂けると、更新の励みになります。

お気軽にコメントもして下さいね~

スポンサーリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奈良県宇陀市にある室生寺

女人禁制とされてきた高野山に対し、古くから女性の信仰を受け入れてきたことから

女人高野』の別称で親しまれています。



室生寺の表門です。

室生寺表門



境内のかなり背の高い木に満開となっていた花です。

シャクナゲは通常低木で室生寺の他のシャクナゲの花は全て終わっているので

何の花かと思いましたが、葉っぱの形と花からするとシャクナゲでいいのでしょうか?

室生寺花



仁王門です。

室生寺仁王門



鎧坂と言われるいい雰囲気の石段です。

両端に木が生い茂っていて、またシャクナゲが両端に

沢山植えられていて4月中旬から5月中旬が見ごろになるそうです。

鎧坂



国宝の本堂です。

室生寺本堂



国宝の五重塔です。

室生寺五重塔


他にも国宝や重文が沢山あり見ごたえがある寺院でした。

もっと沢山の画像があるのでホームページに載せています



あじさいで有名な京都宇治にある三室戸寺へ行きました。

あじさいは50種10000株あるそうで、6月いっぱいは見頃の様です。

三室戸寺 山門



本堂前には、100種250鉢の蓮(ハス)があり、7月頃が見ごろの様です。

平日にも関わらず、あじさいに誘われて沢山の参拝者がいました。

三室戸寺 本堂



蓮の花が咲いていました。

花びらの淵がピンク色で花びらが綺麗に開いていました。

蓮 はす 三室戸寺



境内の一角に菖蒲も綺麗に咲いていました。

菖蒲 三室戸寺



三室戸寺の、あじさい園の方は現在満開で見頃です。

沢山のアジサイを見る事ができました。

あじさい 三室戸寺



いたる所にアジサイが咲いていて見ごたえタップリです。

あじさい 三室戸寺

他にも沢山の画像があるので、ホームページの方に載せています。





奈良県大和郡山市矢田町3549にある矢田寺

矢田寺の正式名称は金剛山寺

あじさいが60種10000本が植えられています。

あじさいが見ごろとなっていて、日曜という事もあり参拝者が多かったです。

矢田寺門



矢田のお地蔵さんとしても有名で、参道脇等にお地蔵様が安置されています。

また御本尊も地蔵菩薩です。

矢田寺お地蔵様



矢田寺の本堂です。

6月中は本堂内部の御本尊の特別拝観も行っていました。

矢田寺本堂



60種のアジサイが植えられているので、普段見た事が無いような

アジサイが沢山あります。

矢田寺あじさい



今はちょうど見ごろでした。

アジサイは見ごろの期間が長いようで6月いっぱいは大丈夫の様です。

矢田寺あじさい


他に沢山の画像があるので、ホームページに載せています。



奈良県生駒市にある、『生駒の聖天さん』と親しまれている宝山寺に出掛けました。

人気、商売の神様として多くの参拝客でにぎわっています。

お寺ですが、神様も祀られています。

そのため鳥居もあります。


参道から奈良盆地が見えます。

参道



宝山寺の境内です。

本堂背部に見える断崖絶壁に、弥勒菩薩様が祀られてる般若窟があります。

宝山寺境内



弥勒菩薩様が絶壁の下のほうに見えるでしょうか・・・。

本堂背部に大きな岸壁があるのと、弥勒菩薩様が祀られている事で

神秘的な雰囲気があります。

般若窟



本堂からまだ山側に入っていくと奥之院があり、そこへ続く参道です。

参道には両側にお地蔵様が沢山並べられていて、ここもまた神秘的な雰囲気がありました。

参道のお地蔵様

他にも沢山の画像があるのですが、ホームページの方へまとめています。

                      ホームページはこちら







奈良桜井市の長谷寺にぶらっと出掛けてきました。

長谷寺は4月中旬から5月上旬にぼたん祭りが行われ

境内にぼたんの花が沢山咲いています。

訪問時期が少し遅かったので、ところどころしか咲いていませんでしたが・・・(^^ゞ

約150種7000株のぼたんがあるそうなので、今度は満開時期に行ってみたいです。


平日なので人出もまばらでノンビリと見て回れました。
長谷寺


風格のある仁王門です。
長谷寺 仁王門


399段ある石段の登廊です。
長谷寺 登廊


本堂です。

特別拝観が行われていて、本堂内の11面観音菩薩様の足を触り拝むことができました。

観音菩薩様は10m程あり、圧巻でした(撮影禁止なので画像はありません)。

また壁に曼荼羅が描かれていて、厳粛な雰囲気で心が洗われるようでした。
長谷寺 本堂


境内に咲いていたぼたんです。
長谷寺 牡丹

他にも画像があるので、HPにUpしています。 
                       ホームページはこちら










連日36度と、夏バテしそうです。

私が子供の頃は、30度越したら暑いなぁと言ってた筈ですが

今は、35度以上が当たり前のようになっています。

この先、地球はどうなるのやら・・・
梅雨入りしてから、芝生の成長も早くなり

ちょっと前から、芝刈りをしようと思っていたのですが

ネジバナがいつもの倍以上咲いていて

せっかく花を咲かせているので

枯れるまで待ってからと思い

昨日ようやく芝刈りを終わらせました。

ネジバナ



庭の片隅に作った畑にスイカメロンを植えていますが

次から次と、枝が伸びてきて

いらない枝を剪定していかないとジャングル状態になります。

メロンとスイカ


芝生の上に伸びてきた枝に

スイカが実りました。

スイカ


メロンは去年、支柱仕立てで育てましたが

今年は地面に這わせて育ててみました。

数個実っているようです。

メロン


スイカメロン子供達の大好物なので楽しみにしています。





ブログランキングに参加しています。
下のバナーを『よろしくネ』っと一押ししていただけると、ブログ更新の励みになります。

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
去年の3月に、妻の車を買い変えました。

今話題の超低燃費車ではないですが

急なアクセルのON、OFFをしないような、エコな運転をすると

燃費がよく、普段で燃費が16km/ℓ、高速に乗ると22km/ℓ程度まで伸びます。

その代りパワーは全然ありませんが・・・。

でも私の愛車の燃費7km/ℓに比べるとかなりエコです。

今までドライブは私の車で行っていたのですが、ガソリン代も高い事もあり

片道1時間程度のドライブなら妻の車で出掛ける機会が増えました。

その為、妻の車で高速にも乗る機会が増えてきたので

妻の車にもETCを取り付けることにしました。

オートバックス等で売っている格安の物でも

セットアップ料と取り付け工賃で結局1万円を超えるとの事で

ネット通販でセットアップ料込みで格安で購入できたので

DYIで取り付けることにしました。

ETC

ETCの電源はナビへの配線を分岐して取る事にし

まずはダッシュボードを外して、ナビを外すことから始めます。

ヘラの様な内張り外しという工具が売られているので

ダッシュボードの隙間に差し込んでテコの要領で

ダッシュボードを外していきます。

ピンで留まっているだけなので簡単に外れます。

P1000513_縮小


ダッシュボードを全部外して、ナビを露出させます。

P1000509_縮小


ナビを外すとACC電源(キーがONの時だけ通電)やバッテリー電源(常時通電)を取り出せます。

ナビ裏電源

ナビ裏電源


ETCの取り付けマニュアル通りに必要な電源を取り付けていきます。

電源の取り出しは、コードとコネクターで

三又になった配線を作成してコネクターから分岐させました。

電源取り出し


電源の取付を完了すれば、後は本体の設置と、アンテナの設置です。

ETC本体取り付けは、純正ETCの取り付けスペースに取り付けますが

本来なら、取り付け用の専用部材があるのですが

今回家にあった端材を加工して取り付けました。

電源ケーブルは見えないように、ダッシューボード裏に通しました。

ETC本体取り付け


ETC本体取り付け部を裏から見たところです。

ETC本体の上側の白い板が家にあった端材で

これでETC本体を支える形になっています。

ETC取り付け部


アンテナ本体はバックミラー後ろ側の窓部分に

視界の邪魔にならないように貼り付け

アンテナ配線は内貼りと窓の隙間に押し込んでいき

ピラー部分は内貼り外しでカバーを外して

カバー内部に配線を通して完了です。

ピラー部カバー取り外し
ピラー部カバー取り外し


取り外したナビ、ダッシュボード、ピラー部カバーを逆の手順取り付け完成です。

純正で最初から付いていたかの出来栄えです

早速、高速を使って近場にドライブに行きましたが

問題なく使え、ETC割引の恩恵も受けました。

ETC取り付け完了




ブログランキングに参加しています。
下のバナーを『よろしくネ』っと一押ししていただけると、ブログ更新の励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ツタンカーメン展の大阪会場の開催期間が延長されたので行こうと思っていたのですが

凄い人気らしくて、知人が休日に行った時は整理券が配られていたそうで

その整理券に書かれていた入場時間は4時間後だったそうです。

公式HPをチェックしていると、平日は空いている様だったので

昨日有給を取って、妻と二人で行ってきました。


会場は、大阪の天保山にある旧サントリーミュージアムです。↓

サントリーミュージアム


朝9時半オープンで、9時50分頃に到着したところ

すでに20分待ちとアナウンスされていました。

実際に並び始めて、入場するまでに30分掛かりました。

会場内は残念ながら撮影禁止なので画像はありません。


展示物は目録を見ると107個あり、すべてが紀元前1300年代頃に作られたという事です。

↓この画像は良く目にしますが、これはカノポスといって内臓を保管していた器だそうで

実物は思っていたより小さかったですが金や水晶等の装飾品による輝きは神秘的でした。

それとチュウヤの人型棺も、人がすっぽり入る大きさで、全体が金色に輝いていて圧巻でした。

とても紀元前1300年前、つまり3000年以上前の物とは思えませんでした。

ツタンカーメン


↓これは隣にある水族館の海遊館です。

何度も行っていますが、大人でも十分楽しめる水族館です。

また遊覧船も出ていて、妻と結婚前に乗船したのを思い出しました(^^;)

海遊館


海遊館前では、いつ行っても大道芸人の方が居てて楽しませてくれます。

ちなみに、この方は外人さんでした。

大道芸人


海辺から見た対岸の大阪南港の景色です。

背の高いビルは大阪府が買い取ったWTCビル

現在大阪府咲洲庁舎となっています。

WTC




ブログランキングに参加しています。
下のバナーを『よろしくネ』っと一押ししていただけると、ブログ更新の励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2009年に苗を購入して今年で3年目を迎えるキキョウです。


沢山のつぼみを付けています。

キキョウ つぼみ


次から次へと花が咲いてきました。

キキョウ 花


こんなに沢山の花を咲かせています。

ただ全ての花が同じ方向を向いていて

なんだかカメラ目線のようです

キキョウ 満開




ブログランキングに参加しています。
下のバナーを『よろしくネ』っと一押ししていただけると、ブログ更新の励みになります。

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。