ガーデニング、旅行・ドライブの画像を中心に紹介しています。HPも作っていますのでよろしくお願いします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ブログランキングに参加しています。
ブログランキングのバナーを『クリックお願いします』 とクリックして頂けると、更新の励みになります。

お気軽にコメントもして下さいね~

スポンサーリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
去年の3月に、妻の車を買い変えました。

今話題の超低燃費車ではないですが

急なアクセルのON、OFFをしないような、エコな運転をすると

燃費がよく、普段で燃費が16km/ℓ、高速に乗ると22km/ℓ程度まで伸びます。

その代りパワーは全然ありませんが・・・。

でも私の愛車の燃費7km/ℓに比べるとかなりエコです。

今までドライブは私の車で行っていたのですが、ガソリン代も高い事もあり

片道1時間程度のドライブなら妻の車で出掛ける機会が増えました。

その為、妻の車で高速にも乗る機会が増えてきたので

妻の車にもETCを取り付けることにしました。

オートバックス等で売っている格安の物でも

セットアップ料と取り付け工賃で結局1万円を超えるとの事で

ネット通販でセットアップ料込みで格安で購入できたので

DYIで取り付けることにしました。

ETC

ETCの電源はナビへの配線を分岐して取る事にし

まずはダッシュボードを外して、ナビを外すことから始めます。

ヘラの様な内張り外しという工具が売られているので

ダッシュボードの隙間に差し込んでテコの要領で

ダッシュボードを外していきます。

ピンで留まっているだけなので簡単に外れます。

P1000513_縮小


ダッシュボードを全部外して、ナビを露出させます。

P1000509_縮小


ナビを外すとACC電源(キーがONの時だけ通電)やバッテリー電源(常時通電)を取り出せます。

ナビ裏電源

ナビ裏電源


ETCの取り付けマニュアル通りに必要な電源を取り付けていきます。

電源の取り出しは、コードとコネクターで

三又になった配線を作成してコネクターから分岐させました。

電源取り出し


電源の取付を完了すれば、後は本体の設置と、アンテナの設置です。

ETC本体取り付けは、純正ETCの取り付けスペースに取り付けますが

本来なら、取り付け用の専用部材があるのですが

今回家にあった端材を加工して取り付けました。

電源ケーブルは見えないように、ダッシューボード裏に通しました。

ETC本体取り付け


ETC本体取り付け部を裏から見たところです。

ETC本体の上側の白い板が家にあった端材で

これでETC本体を支える形になっています。

ETC取り付け部


アンテナ本体はバックミラー後ろ側の窓部分に

視界の邪魔にならないように貼り付け

アンテナ配線は内貼りと窓の隙間に押し込んでいき

ピラー部分は内貼り外しでカバーを外して

カバー内部に配線を通して完了です。

ピラー部カバー取り外し
ピラー部カバー取り外し


取り外したナビ、ダッシュボード、ピラー部カバーを逆の手順取り付け完成です。

純正で最初から付いていたかの出来栄えです

早速、高速を使って近場にドライブに行きましたが

問題なく使え、ETC割引の恩恵も受けました。

ETC取り付け完了




ブログランキングに参加しています。
下のバナーを『よろしくネ』っと一押ししていただけると、ブログ更新の励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
愛車の窓にカーフィルムを自分で張ってみました。
オークションで車種別のカット済みフィルムを落札しました。
愛車は元々純正のプライバシーガラスが入っていますが
純正のものは色が薄くここ最近の強い日差しには
クーラーも効きづらく、前々から貼ろうと思っていたのです。
今回ようやく重い腰を上げ行動しました。
カーフィルム張りのプロも使用している物と同じ物という事で
ホームセンター等で売られている物より割高ですが
確かにフィルムその物もしっかりしているようです。
また車種に合わせたカット済みなので、まさしく貼るだけでよく
非常に簡単に貼れました。
以前に乗っていた車で、自分でカットして貼った事があるのですが
カットするのになかなか苦労した記憶があります。

リアガラスですが、4分割で貼っています。
色はスモークを貼りました。
貼っている部分と貼っていない部分の色の違いが一目瞭然です。
プライバシーガラスにスモーク色だと
ちょっと濃くなりすぎかと悩みましたが・・・。
フィルム

サイドのガラスに貼った色はスーパーブラックというものです。
画像でフィルムを貼っている部分と貼っていない部分から見た
家の壁の色合いでフィルムの濃さが分かると思います。
実際の見た目の方が画像で見るより濃く感じます。
フィルム

フィルム

外から車内は殆ど見えなくなりました。
また、効果は分かりませんが断熱効果のある素材で
出来ているそうなので、クーラーの効き具合や日差しによる
車内温度の上昇が抑えられる期待しているのですが・・・。
運転した感覚は、リアガラスがやや濃いかなぁと言った印象ですが
慣れてしまえば大丈夫な範囲です。

ブログランキングに参加しています。
ポチっとして頂けるとありがたいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。